TOP >  技術情報 > 印刷 >  フルカラー印刷~価格は注文数とインク使用量できまる~!

フルカラー印刷~価格は注文数とインク使用量できまる~!

オンデマンド印刷機を用いたフルカラー印刷製品の発売も大詰め!

フルカラー印刷(写真印刷)がビニールにプリントできることは、概ねわかっていただいたと思います。

そこで気になるのはフルカラー印刷をした製品価格です。

価格は注文数とインク使用量で大きく変わります。

価格をお知らせする前に、知ってもらいたいことがあります。

それは、価格は注文数インク使用量によって大きく変動することです。

もちろんこの他にも、ケースの大きさが大きくなれば価格はUPしますし、高い資材(例:高い生地)を使えばこれもまた価格はUPします。

しかし、ケースサイズが同じで使用する資材も同じ(カスタマイズ内容が同じ)場合は、上記2つの内容で価格は大きく変わります。

1.注文数は増えれば増えるほど安くなります

当社製品は、既製品ではなく受注生産品でご注文を受けてから生産致します。よって、1回にかかる初費用は500枚でも5,000枚でもそんなに変わりません。よって、注文数は増えれば増えるほど安くなります。もちろん限界はありますが…。

2.印刷コストはデータ細かさでなくインク使用量できまる!

オンデマンド印刷の場合、印刷コストは刷る時間とインク代で決まります。つまり印刷データの細かさにあまり左右されず、インク使用量に大きく影響します。

わかりやすく例をあげて説明します。

まず下記のケースの共通規格は、下記の表です。

タイプ
チャック付きケース(Hタイプ)
素材
塩化ビニール
サイズ
W200×H150 mm
生地
正面生地:0.3mm・透明/背面生地:0.3mm・梨地
校正代別途
1万5千円程度
印刷方法
オンデマンド印刷

変わるのは、印刷面積ではなくインク使用量だけです!

では、見ていきましょう。

A.インク使用量が多い場合

ゴージャスなプリントですね。このケースサイズで刷れる最大の面積でしかも白引き有です!

バレンタインケース(チョコレート)

バレンタインケース(チョコレート)

白引き
有り
参考価格
3,000個で@123円

B.インク使用量が中くらいの場合

印刷面積は2-1と同じですが印刷していない部分が多くあります。つまりインク使用量が少ないことになります。でも、中身の見える透明性を活かした可愛らしいデザインですね。

バレンタインケース(リボン)

バレンタインケース(リボン)

白引き
有り
参考価格
3,000個で@105円

C.印刷面積は広いが、白引き少しでインク使用量が中くらいになる場合

これも印刷面積は2-1と同じですが、透明部分を残すことと隠蔽率の高い黒色を使うことで、白引きを最小限にしてインク量を少なくしています。

バレンタインケース(キューピット)

バレンタインケース(キューピット)

白引き
ハート部分のみ
参考価格
3,000個で@107円

上記でわかるように、同じ注文数・同じサイズでも製品単価が違います。

【 結論 】

Aの場合:インク使用量が多い分コストはUPしますが、デザイン性の優れたケースとなることは間違いないですね!

Bの場合:コストを抑えたい場合は塩ビ特有の透明性を活かしたデザインで優れたケースができますよ。

Cの場合:印刷部分の面積を広くとりたいがコストも下げたいので、隠蔽率の高い色目を用いて白引きを最小限に!

上記内容を参考にして、お客様のニーズに合ったものをお選びください。

以上、「フルカラー印刷~価格は注文数とインク使用量できまる~!」は終わりです。